NT079 ステレオ・スコープ+3Dカード(スライド)のセット
58ef5b7e1a704beb2b0094d5 58ef5b7e1a704beb2b0094d5 58ef5b7e1a704beb2b0094d5 58ef5b7e1a704beb2b0094d5 58ef5b7e1a704beb2b0094d5 58ef5b7e1a704beb2b0094d5 58ef5b7e1a704beb2b0094d5 58ef5b7e1a704beb2b0094d5 58ef5b7e1a704beb2b0094d5 58ef5b7e1a704beb2b0094d5 58ef5b7e1a704beb2b0094d5 58ef5b7e1a704beb2b0094d5 58ef5b7e1a704beb2b0094d5 58ef5b7e1a704beb2b0094d5

NT079 ステレオ・スコープ+3Dカード(スライド)のセット

残り1点

¥6,000 税込

送料についてはこちら

SIMPLEX社 1950〜60年代頃 Made in France フランス SIMPLEX社のステレオスコープと専用3Dカード1枚のセット。 このタイプのステレオスコープは1954年から製造され、当商品は1958年モデルになります。 「ステレオスコープ」とは、ステレオカメラで撮影した2枚の写真が立体的に見えるようにした光学器械です。 セットの「専用3Dカード」にはローマの10の史跡が写っています。 そのカードをステレオスコープにセットすると立体視することができ、レバーを押し下げる毎に次の画像が見られます。 交通手段として飛行機が普及したこの時期、海外旅行は大ブームであり、憧れでした。 こういうステレオスコープでまだ見ぬ世界への憧憬を募らせていたのでしょうか。 素材はベイクライト製。この時代独特なアイボリーカラーがレトロ感を演出しています。 本体サイズは約:W122✕D78✕H68mm。スライド約:W100✕H175mmです。