NA263 19世紀 フランス製 タバティーレ
5ea3fd1334ef0114b3dade89 5ea3fd1334ef0114b3dade89 5ea3fd1334ef0114b3dade89 5ea3fd1334ef0114b3dade89 5ea3fd1334ef0114b3dade89

NA263 19世紀 フランス製 タバティーレ

残り1点

¥15,000 税込

送料についてはこちら

ピューター象嵌の木製タバティーレ(tabatière)です。 (英語では「snuff box (スナッフ・ボックス)」) 1850〜1870年頃のフランスのものです。 タバティーレとは、 微粉末状にしたタバコを直接鼻から吸う「嗅ぎタバコ」を入れる容器のことで、 多くは携帯用の小さなものです。 中世には王や聖職者の表徴として、 17世紀のフランスでは宮廷を中心に流行しました。 イギリスでは、17世紀から19世紀にかけて、 紳士の最も重要なアクセサリーと考えられ、 とくに休日の散策や礼装には欠かせないものとだったようです。 本来は そういう容れ物でしたが、 小さな小物入れとしても使えると思います。 (※註:5枚目の写真は、タバティーレのバリエーション参考画像です。) size≒L80×W26×H35mm