NA604 デルフト・タイル ⑤
5f1b7576d3f167170cbc6b8e 5f1b7576d3f167170cbc6b8e 5f1b7576d3f167170cbc6b8e 5f1b7576d3f167170cbc6b8e 5f1b7576d3f167170cbc6b8e 5f1b7576d3f167170cbc6b8e 5f1b7576d3f167170cbc6b8e

NA604 デルフト・タイル ⑤

残り1点

¥14,000 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

(※以下、「デルフト・タイル ①~④」の説明と重複する内容です。) 17世紀 (「1685年頃」と聞いています)のデルフト・タイルです。 「デルフト・タイル」とは、オランダ北部のデルフト、ロッテルダム、アムステルダム、マッカム等を中心に1500年代後半から製造されたタイルの総称で、元々は巾木(壁と床の境目に付ける部材)として使われものです。 フェルメールの『牛乳を注ぐ女』に描かれた巾木タイルもデルフト・タイルですね。 (『牛乳を注ぐ女』はアムステルダム国立美術館の所蔵ですが、多くのフェルメール作品はマウリッツハイス美術館にあり、そこを訪ねてデン・ハーグまでは行きましたが、デルフトは行ったことがありません。) 閑話休題 大きさが125mm角 前後なのも、巾木用だったためのようです。 厚みは、初期のものは(陶土の質の問題で焼成時の強度を保つため)15~18mmくらいあったのが、17世紀半ばには10~13mm程度に、19世紀以降は5mm以下に、と次第に薄くなったようです。 染付の絵は、職人によるものなのに、洗練されているとは言えない、素朴な(「稚拙な」とも言えそうな)ものも多いです。 田園風景や動植物、人物や聖書系等々、図柄は多岐にわたり、色も染付(コバルト)の他に、赤紫色(マンガン)、色絵(ポリクロ-ム)があります。(無地の白釉タイルもあります。) 錫釉が施釉されていることで透けない(やや青みを帯びた)乳白色の肌になっています。 このタイルには三隅に釘穴(:土を木枠に入れて成型した際に使用された穴)があります。 size≒W127 x H127 x T10mm ※右上隅のカケ 他、縁に小カケがあります。 (写真1枚目に写っているスタンドは商品に含まれません。)