NM657 スライドルーペ付き真鍮製鯨尺
5ef3e17ad26fa5103b6438ca 5ef3e17ad26fa5103b6438ca 5ef3e17ad26fa5103b6438ca 5ef3e17ad26fa5103b6438ca 5ef3e17ad26fa5103b6438ca 5ef3e17ad26fa5103b6438ca 5ef3e17ad26fa5103b6438ca

NM657 スライドルーペ付き真鍮製鯨尺

¥5,400 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

SOLD OUT

鯨尺(くじらじゃく)* というよりは、 リネンテスター(縞見ルーペ)* のような用途のものだと思われます。 私は初めて見ました。 ネットで調べても出てきませんでした。 デザイン物件としても魅力的だと思います。 size≒W77 x D45x H23mm 以下、註釈です。 *「鯨尺(くじらじゃく)」というのは、 江戸時代から反物を測るのに用いられてきた和裁用の「物差し」、 また、その「長さ」のことで、 鯨尺の1尺は、曲尺(かねじゃく)の1尺2寸5分(=37.88cm)に相当します。 この商品には「1/200鯨尺(=1.894mm)」ごとの目盛りと、 「1/16インチ(=1.5875mm)」ごとの目盛りが刻まれています。(写真6・7枚目 参照) *「リネンテスター(縞見ルーペ)」というのは、 生地の織り上がりなど繊維の目を見ること(糸数の測定)に特化した目盛付きのルーペで、 糸の太さやそのバラつき、撚りの強さ、毛羽立ちの度合の確認などにも用います。 この商品に付いているルーペの倍率は2~3倍程度で、さほど高くはありません。 左右のツマミを回すとルーペの部分が左右にスライドします。